【ご祈願】

(平成28年10月1日改築竣功となった合祭殿)

 

◎祈願祭は宮司宅敷地内に鎮座する祈願所「合祭殿」(ごうさいでん)にて執り行います。

(要予約)

 

「合祭殿」は昭和43年に明治維新百年の記念事業として建立され、下記神社のご分霊を

お祀りしております。氏子・崇敬者の人生儀礼である、お宮参り・七五三詣・成人式・       結婚奉告祭・ 厄祓・年祝等を始め、各種安全祈願や車祓など「祈りの場」として親しみ     崇められております。

 

※「田村神社」と「合祭殿」の場所は違います。田村神社には神職が常駐していませんので

ご朱印等は宮司自宅にお越し下さい。

(阿久津町字舘側33、℡024-944-3365)

 

 

・田村神社  阿久津町「天照大御神、外六柱」

・八幡神社  阿久津町「品陀和気命」

・直毘神社  舞  木「伊邪那岐命 外三柱」

・御嶽神社  白岩町 「伊邪那岐命、伊邪那美命、大國主命」

・三渡神社  安原町 「天水分神」

・菅布禰神社 横川町 「猿田彦命」

・鷲神社   下白岩町「天日鷲命」

・國祖神社  富久山町南小泉「天照大御神、武甕槌命」

・二荒山神社 富久山町北小泉「事代主命」

・稲荷神社  富久山町北小泉「保食命」

・八幡神社  富久山町堂坂   「品陀和気命」

 

【ご案内】

宮司宅敷地内に鎮座する「お稲荷さん

 

小さな祠でありますが、古来より豊作・商売繁盛を始め、子供の守り神として近隣の氏子を始め市内崇敬者によって広く崇められております。

例祭は旧初午の前夜、宵宮祭で行われ、祝詞では氏子崇敬者の名前が奉読されます。境内には樹齢200年を越す大銀杏があり秋にはたくさんの果実を実らせます。

 

昭和時代は各戸で五色の色紙に子供達の名前を書いた紙の幟を篠竹に糸で縛り奉納していましたが、近年は既製の幟旗に氏名を墨書し奉納される傾向にあります。

◆奉納申込は当社まで  一旗 初穂料3,000円(ポール代込) 

 

What's New

 

平成29年度

厄年・方位除け早見表

 

 

お問合わせはこちらから

 (急用の方はお電話にてお問い合せ下さい)